バセドウ病
バセドウ病,原因バセドウ病の症状と治療

バセドウ病の原因

原因はどこに?バセドウ病のメカニズム

バセドウ病

バセドウ病の原因甲状腺ホルモンの過剰産生により発症するバセドウ病。
こうした自己免疫疾患が起こるのはなぜなのでしょう?
未だ解明されていないバセドウ病の原因について考えてみましょう。

自己免疫疾患「バセドウ病」を紐解く

免役機能とバセドウ病の関係バセドウ病と免疫は深い関係にありました。
自己抗体機能(免疫)は外部から体内に侵入したウイルスなどを抗体がやっつけ、体内の細胞組織を正常に保つ働きをしています。
しかし、正常な組織に悪影響を与える細胞が稀に作られることがあり、自分の体を攻撃してしまうのです。
この仕組みを自己免疫疾患といい、バセドウ病も自己免疫疾患の仲間です。

バセドウ病は甲状腺を攻撃する細胞が体内で産生され、この攻撃細胞が甲状腺刺激ホルモンに代わり甲状腺を攻撃し、甲状腺ホルモンの産生を促します。
この攻撃細胞は脳の下垂体から分泌される正常な甲状腺刺激ホルモンとは違い、絶え間なく甲状腺への攻撃を続け、甲状腺ホルモンの分泌を促進します。

体内でなんらかの原因が生じ、体質が変化することにより、自分の甲状腺を異物と判断し、甲状腺細胞の表面上にはTSHレセプターという受容体があり、体内はそれに対する自己抗体(TSHレセプター抗体、TRAb)を造ります。
この自己抗体が常に甲状腺を刺激し続けることにより、血液中に甲状腺ホルモンが分泌されます。
こうした働きからバセドウ病を発症するとも言われています。

しかし、なぜ抗体が自分を攻撃するのかは解明されておりません。
アメリカでは人工の1%くらいもの人が甲状腺機能亢進症を患っているとも言われています。
バセドウ病を持つ人の15%程度は、家族にも同疾患の身内がいるという報告もあることから遺伝的素因もいくらか関係していると考えられています。
また環境的素因も影響が無いともいえません。
肉体的ストレスや精神的ストレス、妊娠・出産、更年期などが引き金となりバセドウ病を発症することがあります。

その他に甲状腺疾患から発症する甲状腺機能亢進症には、グレイヴス病(バセドウ病)の他、甲状腺炎や中毒性甲状腺結節、毒物・放射線による炎症からなるもの、下垂体の機能亢進によるものなど本当に様々な原因から発症すると考察されています。

グレイヴス病は、甲状腺機能亢進症の中でも一番多く、甲状腺ホルモンの過剰産生による自己免疫疾患です。
甲状腺炎からなる甲状腺機能亢進症は、体内に蓄積されたホルモンが炎症している分泌腺から放たれて起こります。
中毒性甲状腺結節から起こるバセドウ病は、甲状腺ホルモンの過剰産生により甲状腺につくられた結節が異常に成長する病気です。
毒物・放射線による炎症からなるバセドウ病は、甲状腺炎と同様の病態です。
下垂体の機能亢進によるバセドウ病は、甲状腺刺激ホルモンの過剰産生により起こる甲状腺ホルモンの大量分泌が原因となり起こる甲状腺機能亢進症です。

しかしバセドウ病は原因不明の疾患で、完治するのが困難なこともあります。
だけどバセドウ病を引き起こしている甲状腺ホルモンのコントロールさえ、きちんと行えていれば通常の日常生活を送ることが出来るようになるとも言われているので、諦めずに医師の診断の元に治療を行いましょう。

【バセドウ病サポート全集】コンテンツ分類
  • 【バセドウ病の症状と治療】原因・症状/自己診断テストでまずはチェック!
  • 【バセドウ病ケア】薬の効果に関係するヨード・甲状腺、症状悪化に繋がる喫煙に関して
  • 【甲状腺とは】バセドウ病の原因となる甲状腺の役割・甲状腺疾患のためのメルカゾール
  • 【その他の甲状腺疾患】バセドウ病以外の橋本病・甲状腺機能低下症などの甲状腺疾患
  • 【気になる!バセドウ病Q&A】手術が適用される人・オルゴール療法の効果!?治療における注意事項
  • 【コラム】バセドウ病と妊娠・出産、遺伝の関係、ペット(猫・犬)の機能亢進症・機能低下症について
【バセドウ病サポート全集】コンテンツメニュー
  • ヨードと甲状腺 - 甲状腺ホルモンを抑制する食事とは
  • オルゴール療法で症状改善!? - オルゴール療法って効くの?
注目記事(バセドウ病サポート全集)ランキング