バセドウ病
バセドウ病,治療方法バセドウ病の症状と治療

バセドウ病の治療方法

バセドウ病は治る?治らない?

バセドウ病

バセドウ病の治療とはバセドウ病の治療で行われるのは、甲状腺ホルモンの過剰分泌を抑制するための治療です。
初期治療では薬による内服治療行います。

薬を使った内科的治療は多くの病院でも第一に行われる代表的な治療で、次いで外科的治療、放射線ヨード(アイソトープ)治療などが行われているようです。

バセドウ病を持つ人に訪れる寛解とは

治療の内容まず始めに、バセドウ病などの総称とされる自己免疫疾患に完治という言葉は存在しないに等しいようです。
しかし代わりに「寛解」という、薬を内服しなくても良い、体調のコントロールが出来ている状態になります。
この寛解は完治と違い、正常な状態をキープしているだけなので、もちろん再発することもあります。

それでは寛解にまで病状を持っていくための治療法をご説明していきます。

抗甲状腺薬による内服治療

バセドウ病という診断が確定した時点で、初期治療として甲状腺ホルモン抑制剤であるメルカゾール又はチウラジール、プロパジールのどれかを内服します。
初期段階で症状の改善が見られたからといって内服を中止すると、状態はすぐに発症時のように戻ってしまいます。

内科的治療だけで寛解を目指すには大体3〜5年くらいは薬の内服を続ける必要があります。
治療中は1ヶ月〜数ヶ月ごとに血液検査に病院を訪れなければなりません。
また、長期間の薬の内服治療により一部の人に、内服を止めても甲状腺ホルモンが増加しないという現象が現れますが、長期間の治療にも関わらず内服薬を手放せないという人もいます。
内科的治療での効果が見込めない場合や、内服薬からのアレルギーが発症した場合には他の治療法を選択することも考えなければなりません。

内科的治療は年齢制限がなく、妊娠を望む人や乳児への授乳を行っている人も内服が可能なのが特徴です。
しかし副作用が出現したり、治療期間が長期化するわりに寛解率が低いなどの短所も目立ちます。

手術療法

甲状腺を直接切除することで、甲状腺ホルモンを過剰に分泌している甲状腺機能を安定させる治療法です。
この治療法は甲状腺亜全摘術と呼ばれる手術方法で、首元に手術痕を残してしまいます。

甲状腺亜全摘術は正常な質量の甲状腺だけを残し、残った甲状腺を切り取る方法で、残した甲状腺の量が多いと甲状腺機能亢進症が再発し、残した量が少ないと甲状腺機能低下症を発症させることになります。
甲状腺亜全摘術を行った患者は寛解する人と、受験や妊娠・出産などのストレス過多により再発する人に分かれてしまいます。
再発のリスクを無くすには、甲状腺を全部摘出してしまうか、少量を残しほぼ取り去ってしまうことです。
しかし、甲状腺を全て取り去ってしまうと今度は甲状腺機能低下症が現れるため、薬の内服治療が必要となります。

手術療法のために入院が必要となりますが、短期間のうちに治療効果が得られ、寛解状態となります。
また、手術後に声が掠れる嗄声という症状が少数の人に現れ、数ヶ月〜1年くらいまでは甲状腺機能が低下した状態となり、低下時期を乗り切れば約90%の人が薬の必要がなく、寛解状態を迎えます。

しかし、手術療法を受けた人の数人は甲状腺機能低下症を発症し、また何人かはバセドウ病が再発する可能性があります。
術後に発生した嗄声は半年のうちに元に戻ると言われていますが、高音域の音を発声できなくなることがあります。
また術後出血のための再手術の実施やカルシウムの低下により四肢に痺れが見られることもあります。
四肢の痺れが現れた場合は内服で治療します。

放射線ヨード治療(アイソトープ治療)

放射線ヨード治療は、米国などでバセドウ病を持つ人の約70%もの人(妊婦・授乳中の女性、18歳以下を除く)が行っている治療法です。

放射線ヨードの入ったカプセル剤を服用し、放射線ヨードを利用して甲状腺細胞を減少させる治療法です。
甲状腺細胞を減少させることで、過剰に分泌される甲状腺ホルモンの量の減少を図ります。
放射腺ヨードの服用に際し、ヨードの含む食材や食事の摂取を控えなければなりません。

また服用してから、2〜6ヶ月くらいで甲状腺ホルモンの産生量は低下していきます。
しかし個人差の問題で、同様の治療を行っても甲状腺細胞の減少が激しく、甲状腺の機能低下を引き起こすケースがあります。

治療で使用する放射線ヨードの量では癌などの副作用は見られず、心配はないとされています。
アイソトープ治療を受けた女性は、治療後半年〜1年くらい妊娠は避けるのがベストかと思います。
この期間は胎児に影響が出る可能性がありますが、過ぎてからの妊娠は胎児に影響はないと言われています。
また眼球突出などのバセドウ病眼症の患者は状態の悪化が見られるので、アイソトープ治療は行えません。

【バセドウ病サポート全集】コンテンツ分類
  • 【バセドウ病の症状と治療】原因・症状/自己診断テストでまずはチェック!
  • 【バセドウ病ケア】薬の効果に関係するヨード・甲状腺、症状悪化に繋がる喫煙に関して
  • 【甲状腺とは】バセドウ病の原因となる甲状腺の役割・甲状腺疾患のためのメルカゾール
  • 【その他の甲状腺疾患】バセドウ病以外の橋本病・甲状腺機能低下症などの甲状腺疾患
  • 【気になる!バセドウ病Q&A】手術が適用される人・オルゴール療法の効果!?治療における注意事項
  • 【コラム】バセドウ病と妊娠・出産、遺伝の関係、ペット(猫・犬)の機能亢進症・機能低下症について
【バセドウ病サポート全集】コンテンツメニュー
  • ヨードと甲状腺 - 甲状腺ホルモンを抑制する食事とは
  • オルゴール療法で症状改善!? - オルゴール療法って効くの?
注目記事(バセドウ病サポート全集)ランキング