バセドウ病
バセドウ病,オルゴール療法気になる!バセドウ病Q&A

オルゴール療法で症状改善!?

最近うわさのオルゴール療法〜ほんとに効くの?

バセドウ病

オルゴール療法とはバセドウ病の治療の中にオルゴール療法という言葉を最近耳にすることがあります。
また、オルゴール療法によって症状が改善されたという例もあるというのです。

不思議な能力を持ったオルゴール療法とは一体どのようなものなのでしょう?

オルゴール療法とは?

オルゴール療法の効果近年、オルゴールの音色には医学的な効果を持ち合わせていることが研究により解明されてきています。

オルゴールの綺麗な音色には、私たち人の聴力では聴くこのとのできない大変高い周波数〜低い周波数が含まれています。
何度も聴くことによって、血液の循環を促し、身体の免疫力を高め、病気により引き起こされる様々な症状の改善を目的にした治療をオルゴール療法と言います。

胎教にも良いとされているので、自身の精神の安定やリラックスを得るとともに、胎児にも聴かせてあげるのも良いかもしれません。

オルゴール療法でバセドウ病は改善される!?

オルゴール療法とは、オルゴールから発せられる高周波と低周波によって、脳幹が刺激されます。
そうすることで脳幹と視床下部の血液が促進されたり、神経とホルモンが制御されます。オルゴール療法は、脳下垂体と視床下部、脳幹の正常な働きを取り戻そうという根本療法のことです。

もちろん副作用はありませんので安心して治療を行えると思います。

オルゴール療法を行うにあたって

私たち人間を含む動物は、脳神経の中枢である脳幹を介して身体の全神経へと伝わり、正常に機能するように作られています。
その働きのどこかに障害が生じると病気を発症します。

甲状腺機能亢進症患者やバセドウ病発病者のオルゴール療法にあたって、自律神経失調を改善することやホルモンの分泌量を正常にし、自然治癒力を高めること、交感神経を優勢にして全身の血行促進や保温効果を得ること、副交感を優勢にして腸や消化器官の機能を改善し、栄養を取り入れるようにすることが症状改善につながる方針とされています。

オルゴール療法の行い方

オルゴールには超低周波〜超高周波という、幅広い層の周波数がオルゴールにより脳幹を刺激し、身体の血行を促します。
脳幹は、体内の主となる数十種類ものホルモンや細胞の合成・分泌が正常に機能しているかを調節しています。
その脳幹を周波数で刺激することにより交感神経が刺激され、心肺機能を高め、血液により運ばれる酸素や栄養分を血管から受け取り、細胞組織が活性化されます。

オルゴール療法は、リラックスした状態から副交感神経を優勢にします。
気持ちが落ち着いているときや、気持ちいいと感じているときには、副交感神経の末端から血液の中にアセチルコリンという神経伝達物質が分泌されます。
アセチルコリンはリラックス因子であり、血管壁を柔軟にし、赤血球を末梢血管に運ぶ手助けをしてくれます。
またリンパ球の産生を促し、リンパの循環を活性化させます。

オルゴール療法によるリラクゼーションは、体内の成長ホルモンを多く産生させ、細胞の代謝を促し、新しい細胞へと生まれ変わらせます。
治療の行い方は、朝の目覚めた後や毎食後、一日の終わりになど自分のペースで行って良いと思われます。

【バセドウ病サポート全集】コンテンツ分類
  • 【バセドウ病の症状と治療】原因・症状/自己診断テストでまずはチェック!
  • 【バセドウ病ケア】薬の効果に関係するヨード・甲状腺、症状悪化に繋がる喫煙に関して
  • 【甲状腺とは】バセドウ病の原因となる甲状腺の役割・甲状腺疾患のためのメルカゾール
  • 【その他の甲状腺疾患】バセドウ病以外の橋本病・甲状腺機能低下症などの甲状腺疾患
  • 【気になる!バセドウ病Q&A】手術が適用される人・オルゴール療法の効果!?治療における注意事項
  • 【コラム】バセドウ病と妊娠・出産、遺伝の関係、ペット(猫・犬)の機能亢進症・機能低下症について
【バセドウ病サポート全集】コンテンツメニュー
  • ヨードと甲状腺 - 甲状腺ホルモンを抑制する食事とは
  • オルゴール療法で症状改善!? - オルゴール療法って効くの?
注目記事(バセドウ病サポート全集)ランキング